リット製薬
リット製薬
  • 気になるワードを検索▶
リット製薬 リット製薬

眉毛の形

眉毛でこんなに変われる!自分に合った眉毛の形

男性女性問わず、眉毛でその人の印象の8割が決まるといわれています。
女性の方なら特にお分かりかと思いますが、眉毛といっても「形」「色」「濃さ」とその要素は様々です。
今回はその中でも「整え方が難しいから」と放置されがちな眉毛の形についての女性向けのお話です。
眉毛をきちんと整えて、眉毛美人を目指しましょう!

この記事を読んでいる皆さんも一度は眉毛を整えようと、いじったことはありますよね?
いかがでしたか?自分の納得いく形に整えられましたか?
うまく整えられなかった方はもしかしたら、自分の顔に合う眉毛の形とは違った眉毛の
形にしようとしてしまったのかもしれません。
人はみんな骨格や顔のパーツの形が違う為、どんなにあこがれの眉毛があっても
全く同じような形にできるとは限らないのです。

なので、まずは「骨格に合わせた眉毛の形」にすることを覚えてください!
そこから、お好みで眉毛の形をアレンジしてみるのがいいと思います!

【美人眉を作るゴールデンバランス(黄金比)に合わせた眉毛の形にしよう】
眉毛には大きく分けて「眉頭」「眉山」「眉尻」の3か所のポイントに分けられます。
今回はさらに「眉中」と、4か所に眉毛を区切って眉毛を整えていきます。

まずは、各場所の説明です。

眉頭:眉毛の眉間側を部分です。
眉山:眉頭から上がっていき、眉尻にかけて下がり始める曲がり箇所です。
眉尻:眉頭と反対の部分です。
眉中:眉頭と眉山の間の部分となり、長さとしては眉頭から眉山までの長さを半分にして、
   最初の部分を眉頭、眉山寄りのもう半分を眉中という感じで覚えていいでしょう。

【眉頭の調整】
眉頭は小鼻のカーブからつながるノーズシャドウラインの延長線上に位置させます。
上部は整えすぎに注意してください。眉頭はペンシルで描くと不自然になるのでできるだけ
パウダーのみで描くようにしましょう!

【眉中の調整】
描くときには、あまり角度をつけすぎず自然な上向きになるように意識しながら描いてあげるといいと思います!

【眉山の調整】
眉山の角度は「急な角度」「なだらかな角度」「傾斜をつけない」で印象が変わります。
ここは自分の好みで良いと思いますが、よくわからないという方は、眉を上に動かしたときに上がる部分(指で触れてみると高くなっている部分)を眉山にすると、表情に合わせて眉が動いて自然な仕上がりになるのでまずはそちらを試してみてください!

【眉尻の調整】
眉頭のラインよりも下がらないことを意識して、眉山から自然な形で流してください。
眉頭の下側のラインよりも2mmほど高く描いてみるといいと思います!

以上の4か所を整えたら、あとは余分な眉毛のお手入れをして、足りない部分を書き足すだけです!

【お手入れについて】
まずは抜く個所と剃る箇所を見極めましょう!
眉毛の上の部分と眉間の部分は、剃ります!ここに眉毛が残っていると、せっかくの美しい眉毛の形にしようと思っても台無しになってしまうので、しっかりと剃ってください。
眉毛と目の間の部分はメイクでハイライトを入れる箇所なので、邪魔になる眉毛をトゥイザーで抜いてしまえば大丈夫です!

ここまでで眉毛の形を整える準備はOKです!
あとはパウダーアイブローで眉毛全体の形を整え、眉尻をペンシルで書き足せば
どんな人にも似あう「美人眉」の完成です!

まずは、この形をマスターしてみてください!
今、旬な太眉にも「平行太眉」や「極太眉」など様々な形がありますが、
この基本形をマスターしていればそこから作りやすいはずです!

お話が少し変わりますが、もし今回の「美人眉基本形」をしようと思った際に
「あれ?眉尻に眉毛がない!」「眉毛が全体的に細すぎるかも・・」なんて思った方いますか?
こちらは、眉毛を以前に抜きすぎてしまって生えなくなった方からよく頂くご質問ですが、
そのような方はまず、眉毛をしっかりと生やさないと美人眉毛の基本形は確かに難しいです。

眉毛を生やすためには、マユライズのような眉毛美容液を使ってケアをすることをオススメします。
まずはしっかりと「整えるための眉毛」を作り、その後で是非美人眉毛にトライしてみてください!

to_lp

Copyright © lit-innovation Co., Ltds. All Rights Reserved.