リット製薬
リット製薬
  • 気になるワードを検索▶
リット製薬 リット製薬

眉毛の書き方

失敗しない理想の眉毛の書き方

メイク初心者にとって、眉毛の書き方ってすごく難しいと思います。
そもそも眉毛の書き方って、眉毛のどこから手をつければ良いの?
どんな形にしたら良いの?
今回は、メイク初心者さん向けに基本的な眉毛の書き方のルールをご紹介します!

眉毛を簡単に綺麗に書ける人はどれくらいいるでしょうか?
「眉毛を書くのが超苦手!」
「メイクの時間がなくて、いつも適当になってる!」
といった眉毛の書き方に悩みを抱える方々に、今回は少しでもコツを伝授できればと思ってます!

これで女っぷり、女らしさが急上昇すること間違いなし!?

では、はじめに眉毛の書き方で重要なポイントをお教えします!
基本の眉毛の書き方は顔の黄金比バランスに合わせた書き方が王道です!

1.眉毛のバランスを意識すること
※第1or2回目の記事も合わせて確認ください。
■眉頭
小鼻中央の真上に眉頭を作ることが重要です。
ここで気を付けたいのが、垂直に切りそろえるのではなく目頭あたりから自然に鼻筋に
つながるようなラインを作ることです。

■眉山
眉のカーブの一番高い部分になります。
黒目の外側から目尻までの位置にあるとナチュラルな仕上がりになります。
一般的には眉頭から約2/3のところ、白目の終わりの真上となります。

■眉尻
小鼻のキワと目尻の延長線上の長さがベストで、
眉頭と眉尻の高さは水平な一直線所にあるのが望ましいと思います。

2.眉毛の書き方の順番
◇ペンシル⇒パウダーの順番での眉毛の書き方
どんなシーンでも間違いなく好印象を与えることができる基本眉毛の書き方は
ペンシルで軽く輪郭を整えて、パウダーで仕上げる書き方になります。
この場合、朝時間がないからと言って、ペンシルだけで書き足して終了!なんて書き方を
しないようにくれぐれも注意しましょう!
ペンシルは便利なメイクグッズですが、基本眉毛の書き方としてはNGです。
パウダーを併用して、太さや濃さ、ふんわり感を調整するのが眉毛の書き方の鉄則です。

基本眉毛の書き方のポイントとしては、以下内容を押さえておけば問題ないと思います。
・眉頭をくっきりと書きすぎない
・黄金比を意識して長さを整える
・ペンシルとパウダーの順番を正しく行う

◇パウダー⇒ペンシルの順番での眉毛の書き方
眉山から眉尻をパウダーで書いていきます。
大きな鏡で自分の顔を見ながら、眉毛の長さをイメージしましょう。
小さな鏡で見て書いてしまうと、眉毛の全体のバランスがはかりずらく、
片方の眉だけ見ながら書くと失敗しやすいです。
ついつい眉頭から書きたくなってしまうものですが、
そうすると出来上がりの眉毛の印象が強すぎてしまう
傾向にあるようです。
続いて、眉毛の下をパウダーで埋めていきましょう。
パウダーで眉尻を足していく際に、好みのナチュラル度がでるように調整していきます。
眉尻→中間→眉頭の順番がベストだと思われます。

そのあとに、眉毛の上も同様に、眉尻から埋めていきましょう。

最後に毛が薄い部分をペンシルで書いて埋め、ブラッシングしマスカラをつければ完成です。
マスカラについては、べたっとつけすぎずに、ふわっと眉毛にあてる程度でOKです。

ここまで基本的な眉毛の書き方を簡単にですが紹介してきました。
この他にも、眉毛の太さや色など、いろいろとアレンジできるポイントは多いです。
また、流行りによっても眉毛の書き方は変わってくると思います。
ただ共通して言えるのは、基本的な眉毛の書き方はマスターしておくことが
重要であることと、眉毛メイクだけに頼りすぎない、ようは自眉毛を活かしたナチュラルメイクに
仕上げることが重要だということです。

ナチュラルに仕上げたい、自眉毛を美眉にしてすっぴん眉毛で彼氏を驚かせたいという方は、
是非私たちのマユライズをお試ししてみてはいかがでしょうか?

to_lp

Copyright © lit-innovation Co., Ltds. All Rights Reserved.